ブログランキング★日記 とんでけタマシー。 とんでけタマシー。

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
   
   
   
   
   
ブログ名称:とんでけタマシー。 >ブログURL:http://ton-deke.jugem.jp/
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

とんでけタマシー。

たまにはホントも聞きたい。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
止まらないha〜ha♪
 とは言え、サブいじゃないですか。

 

自分のことを「矢沢は〜」って呼ぶとか

「俺は、スターだから」って自分で言っちゃうとか

クサー

ダサー

いいよね、バブリーな時を生きた人は(笑)


と思っていた訳です。

 

だって

矢沢永吉って

別にかっこ良くないし。

歌うまいのかよくわからないし。

BRAVIABOSSCMに出てる

天然記念物的なオジさまくらいの認識しかないです。

なーんかイマドキ

懐古主義やめようよ〜

気合い入りすぎだよ〜

もっとユルくいこうよ〜

くらいに思っていたわけです。

 

しかし

すごいのね、矢沢永吉。

いねーわ、あんな人。

映画『E.YAZAWA ROCK

http://www.rock-yazawa.com/

 

つか曲も普通にハッピーじゃん。

歌も普通にいいじゃん。

パフォーマンス、レベル高すぎ。

ファン、幸せにしすぎ。

ちょっとたまに泣きそう。

 

昔からのファンに支持され続けるものの、

若い人たちは歌手・矢沢永吉を知らない。

その事実に気づいてここ数年、

若手と混じってフェスに出たりなんだり。

そして今、着々と新しいファンが増えているらしい。

 

そういえば、私くらいの世代の人は

彼が歌手とは知ってても、歌を聴いたり見たりしたことがないよね。

紅白とかも出ないしさ。

 

毎日聴く感じぢゃないけど

なんだ〜

カッコいいじゃん。

ちょっとライブいってみたい。 


音楽って、みんなを幸せにできてうらやましいなぁ。

 

| えいが | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一億総シュール化
晴れて女子大生となり、
やっとうすら化粧をはじめたうちの妹も大好き。

『聖☆おにいさん』
聖☆おにいさん

ブッダとキリストがなんと下界にバカンスにきて、
ボロアパートで節約しつつおもしろおかしくシュールに暮らす
ピースな日々を描いた、ありがたいおマンガです。
なんともかんともナンセンスな仕上がり。
(表紙の2人がブッダとキリストね)

もともと友達にすすめられてこっそり読んでいたんだけども
この『聖☆おにいさん』。
2008年『このマンガがすごい!(別冊宝島)』
のオトコ版で1位を獲得し、今かなりキテいる模様。

ちなみに『このマンガがすごい!(別冊宝島)』は、毎年70名前後の
”マンガ読み”(大学のマンガ研究会やら書店員、編集者、
イラストレーターからグラビアアイドルまで)に無作為にアンケートを実施し、
彼らの中でその年最も面白かったマンガを選び出す、というものらしい。
つまり、書店の売れ行きより(半歩くらいは)先をいくランキングがでて、
ランキング入りを機に人気がでたりもするらしいの。

とはいえ、ねー。

『聖☆おにいさん』。内容としては決してポピュラー感はないわけ。
どっちかっつったら『ガロ』とかで見かけそうなマニアック臭。
だってブッダとキリストがTシャツとジーパンで
スーパーに買い物にいくんですよ。
電車でなんか読んだら「ぷぷ(失笑)」系なわけです。

こうゆうのが受けてしまった、という事実に時代を感じます。

ファッショナブルとマイノリティーとギリギリくらいの
マニアックさというか、シュールさというか。
今の若者は、わりとみんな楽しめるのね。
さすがダウンタウン世代。
さすがネプチューンに笑いはじめた人種。

笑う犬の生活、私は深夜の時からみてました。


健闘を祈ります。

ちなみにシュールで根暗な現代女子におススメなのはこちら。
こちらも友達から教えてもらいました。

『臨死!!江古田ちゃん』
臨死江古田ちゃん



ニッポン女子、全裸生活はじめよう。

今日もどうも。
| まんが | 17:11 | comments(35) | trackbacks(0) | pookmark |
エゴエコ!
なんかあんまり仕事もなく
天気もよかったので

木曜は南青山まで散歩。

お知り合いのお知り合いのデザインユニットの展示会へ。

http://www.egoeco.net/



ユニット名がいいよね。
KUWADATEって。

クール。

「エコってめんどくさい」
っていう切り口と
webの「いちいち電気のスイッチ消してつけなきゃみれない」
という構造はなかなかそそりますが

展示は少しものたりない感じも。

意見広告にしては調べ学習っぽいし
エゴ=自分解釈
したエコっていうものの結論がちょっとでてなさすぎ??

でも次も観てみたいと思うひとたちでした。
普段はそれぞれ違う会社でお仕事しているみたい。

「エコ」のもつちょっとしたうさんくささや
強要感っていう視点はなるほどーだったので
少し自分でも考えてみます。

今日もどうも。

| てんじ | 01:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
バリッバリバリバリバリ

有給休暇をもらってバリ島にいってきました。

帰って来たら日本も意外にあったかかったですので

ビキニでも着て歩こうかとも思います。

今日もどうも。


| だだ | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アーメン。
ラーメン。
ラーメンばかり食べている。

元気市場(新高円寺)
田ぶし(高円寺)
せい家(原宿)
野方ホープ(原宿)
田ぶし(高円寺)
ザボン(高円寺)
田ぶし(高円寺)

働きウーマンになって一番増えた出費と言えば、ラーメン費である。


今日もどうも。
| たべもの | 01:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
YouTubeってこんなに簡単に貼付けられるんだね。
最近素敵だった三井不動産レジデンシャルのCM

「この地球上で私の一番好きな道は、帰り道です。」

で流れてたビートルズの名曲『Across the univers』

の別バージョン。

あー
高校のときよく聴いたなぁ、FionaApple.
暗かったなぁ。

こちらは
はー
て感じ。






今宵もどうも。
| おんがく | 04:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぼくちゃんちゅきちゅきましーん
最近
好き/嫌いではなしをすることが、あまりなくなった。
良いと思うか/悪いと思うかの話は、毎日するんだけど。

ふたつは、ちょっと違って全然異なる。

以前は、好き/嫌いのはなししかほぼしなかったけどなぁ。
知識やらなにやらで固めて、どれだけ好きか、どれだけ嫌いかを
どれだけ語れるかが、なにかしらの勝負だったというか。
思い込みやフェチ具合を、どれだけ説得力を持って
主張できるかが大事だった気がする。

大学という場所がまぁそういう世界だったしね。
教授は自分のフェチを掘り下げて、
主張することでメシをくってるわけだし。

社会人になってからかもしらんが、
わりと人の好き/嫌いはどうでもいいことになってしまった。
誰かが「これ好き」と言ったところで、「おー好きにしてくれ」だし
誰かが「これ嫌い」といったところで「ふーん」。

理由が興味深かったらそこは聞いて話が広がったりするが、
個人の趣向はかなりどうでもいいというか。多様すぎるし。
合う人ばっか見つけててもしょーがないし。
むしろ、何かものをつくったり、あるものの評価を語ったりするときは、
ジャマなだけなのである。

それは社会性というなんか、ぺらりとしたことばではなくて
好き/嫌いというとっかかりが
すごく閉塞的だからってだけだと思う。

「どの色の服がいいかな」
「私赤好きだから、赤!」
って選んだら、ぜんぜん似合ってなかったり、
その場にふさわしくなかったりする事があるわけだ。
ヘタしたら、世の中に服は何万色とあるのに
最初から赤の服だけ探したりしてしまう。

それはやっぱり閉塞的だ。
「どの服がいいかな」
「うーん、こうゆう場だから明るめの色で、
春だからパステルカラーで、意外と普段着てないけど
似合うから、すみれ色がいいと思う。」
的なことがないと、広がる余地がない。

いや、その人がどんな人か知りたいってときは、
好みとか大いに知りたいですけどな。

関係ないけど、ラーメン屋帰りに遭遇した
あたたかみあふれるプレートのバイク。



今日もどうも。
| だだ | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ギュンとシネマ
ぶふぅーん。
キムギドクファンとしては、複雑な気分。

公開中のオダギリジョー主演・キムギドク監督『悲夢』

日本語、ジャマだなぁ。
まずオダギリジョー、しゃべるのヘタやしなぁ。
キャスティングも少し大衆向けというか
トレンディな感じがして
zannenもの足りませんでした。

キムギドク作品は、
観ると身体がしびれて救いようがない感じで
気持ちはズシリと重くなり、気分はどーんと落ちるのだけど
なにか開放感というか。底が抜ける感覚がする。
あるシーンが、観た後も何度もフラッシュバックしたり。

そうゆう濃密さが好きなんだけどもなぁ。

確かに鬼才だと思うけど、
彼にとっては、映画が本当に生きることそのもの
生きていくことの手段だったり、証だったりするんだなぁ。
と素直に思う。絶望うっとりでため息。

オススメは
『悪い男』『ブレス』『春夏秋冬そして春』『うつせみ』
あたりかなぁ。駄作はないと思いマスが。

この世はどうしたって変わらない。
私が映画を通して伝えたいことは、社会問題や政治ではなく
心理的な開放感です。人間は社会の底の底まで降りて勇気が
あってこそ幸せになれるのです。ーキムギドク


ギュンとしびれたいときは。

今日もどうも。


日本版ポスター


韓国版ポスター


| えいが | 02:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はぁはぁ!
はぁはぁしてる人が、結構好きだ。

オリンピックとか。
試合を終えた選手は、
トラックをゆっくり歩くとき、
汗をじんわりとかいて、少しはぁはぁ息があがって、
とてもスッキリと澄んだ目をしている。
インタビュー時の、理性的でない感じもいい。

あのなんとも言えない脱力感と
高揚感の中にいるニンゲンが好き。
一つのことに打ち込んで、やりきって、
とっても生きている感じがする。

世界の舞台で金メダルなんかとったら、
私みたいな怠惰な人間には想像もできないくらい
きっと魂が震えるような、深い体感とか
感動があるんだろうなぁ。

舞台も、カーテンコールが結構好きだ。
舞台が明るくなると、脇からさっきとは違う顔で走ってきて
はぁはぁと、無言で、澄んだ目で、深くおじぎする。
その人の生きてる感じで、
こちらの身体までふるえるきがする。

あの感覚が、たまらなくいい。
その姿が。


今日もどうも。



| だだ | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ねぼけた桃色
 
CHARAが埼玉出身て

なんかちょっとショック。

なんとなく港区とかの出身な気がしてた。


| だだ | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |